×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大人ニキビの原因

このエントリーをはてなブックマークに追加
>
思春期からずっと私たちを悩ませる、
ニキビ」。でも社会人になって、
これまでのニキビとは少し違う症状の
ニキビができるようになった…
と感じる方も多いと思います。

・口やあご周りにニキビができることが多い
・生理前になるとニキビができやすくなった
・ポツポツとしたニキビが繰り返しでき、
治りも遅い
・ニキビは乾燥してカサついている

こんな症状に心当たりある方、
それが大人ニキビです!では、
思春期ニキビと症状が違うのはなぜ?
それはそのメカニズムと原因の違いに
あります。大人ニキビの原因は、
私たちの日常生活の中に潜んでいるのです…。
今回は大人ニキビ克服のヒントになるよう、
大人ニキビの原因を徹底的に
解明していきましょう。

大人ニキビのメカニズム


10代の頃から馴染みがある、
主に額から頬にかけてのTゾーンに
できやすい、思春期ニキビ。
これは過剰に分泌された余分な皮脂で、
毛穴がつまることが原因で起きる
ギトギトの脂っぽいニキビで、
その性質から、洗顔をして清潔に
していれば治るとされています。

これに対して大人ニキビは、
思春期ニキビとは違ったメカニズムで
できてしまうニキビなのです。
大人ニキビができてしまう主な原因は
古い角質の蓄積」と「肌の乾燥」。

そのメカニズムとは、まず肌の代謝が
悪くなることで、ターンオーバーが
遅くなり、古い角質で毛穴をふさいで
しまいます。また、ターンオーバーの
低下によって起こる「肌の乾燥」は
毛穴をふさぐ角質を厚く、堅くし、
大人ニキビをさらに頑固にさせる原因
ともなります。こうなることで、
ふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖し、
そこでできた炎症が「大人ニキビ」と
なってしまうのです。

日常生活潜む大人ニキビの原因


大人ニキビのメカニズムがわかった
ところで、その根本の原因となる
日常生活」に潜んでいる原因に
ついてお話します。
まず、現代人とって悩みの種でもある
ストレス」や「睡眠不足」。
これらによって起こってしまうのが
ホルモンの乱れ」。
女性ホルモンである、エストロゲンは、
お肌のうるおいを保つ働き、
プロゲステロンは皮脂の分泌の
促進する作用を持っています。

また、外食や簡単なもので済ませがち
の間違った食生活による
栄養バランスの乱れ」も
大人ニキビの原因の一つになります。

ニキビ予防に必要な栄養素である、
ビタミン」や「ミネラル」を
上手にとることで、
ターンオーバーの働きを高め、
毛穴の詰まりを防止したり、
ニキビ菌の殺菌をしてくれる効果を望む
ことができるのです。
さらには、食物繊維不足や動物性脂肪分の
取り過ぎも「便秘」に繋がり老廃物が
蓄積する原因になることもあります。

注意!「メーク落とし」と「洗顔法

毎日のメーククレンジングに問題がある
場合も!忙しさのあまり、
ささっとメークをとって終わりに
してしまうことありませんか?
その残ったメーク汚れが毛穴に詰まり、
それが知らず知らずに蓄積すると
大人ニキビの原因に。

また、洗顔の際、洗顔料を使って何度も
ごしごしと洗ってしまうと、
本来お肌に必要な皮脂まで奪い、
大人ニキビの主な原因である
「お肌の乾燥」を引き起こしてしまいます。
その為洗顔は1日2回程度にとどめ、
タオルでの拭き取りも軽く肌に当てて
水分を吸い取りましょう。

他にも大人ニキビの原因は、
タバコによる血行不良
過度なダイエット
冷え性」など、日常で改善したい
ものばかり。大人ニキビを治すには、
まずこれらの原因を取り除き、
正しい生活習慣で予防を心がけることと、
健康を保つ為の対策をすることが
近道となりそうですね。

出来てしまったニキビへの対処法


普段からスキンケアに気を付けていても、
いつの間にか出来てしまっていることが
多いニキビ。
出来てしまったニキビをきちんとケアする
ことで重症化させないようにしましょう。

毛穴の汚れを取り、つまりを出しやすくする
ニキビは毛穴の入口がつまることで
起こる病気です。
毛穴のつまりを取り去るには、
角化して厚くなった角質のつまりを
改善する治療(特にはピーリング)
が効果的です。
ニキビの出来やすい方は、
「ニキビの予防」でも触れていますが、
AHA配合の石けんやローションなどで
ピーリングを日常的に行って、
毛穴をキレイに保ちましょう。

保湿はしっかりとする
普段のスキンケアでは、
なるべく油分を使用していない
オイルフリーの化粧品(クレンジング、
保湿剤、ファンデーション)
を使うようにしましょう。

食事に気をつける
基本的には、栄養バランスの良い
食事を毎日取ることが大切です。
もし、多く食べることで
「ニキビが出来やすい」、
「皮脂分泌が活発になる」と感じられる
食べ物(例えばチョコレートや
揚げ物など)があれば、
それを控えめにしたり、
避けたりしましょう。





使うほど
わかるこの良さ
なたにも!

リンク集

まとめ

Twitterまとめ